ブログ

ルイヴィトンの修理はどこに出すのがおすすめ?正規店と修理専門店の費用相場について徹底解説!

ルイヴィトンの修理はどこに出すのがおすすめ?正規店と修理専門店の費用相場について徹底解説!

ルイヴィトンのバッグや小物に不具合が生じてしまっていて、捨てずに大切に使い続けたいと思っている方もいるのではないでしょうか。その場合、修理に出すことを考える方がほとんどです。

しかし、ルイヴィトンの修理はどこに出すのが良いのでしょうか。

そこでこの記事では、正規店で修理を依頼する方法や正規店と修理専門店の修理費用相場について紹介します。ルイヴィトンのアイテムの修理を行いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

京田辺市、松井山手でルイヴィトンの高価買取を目指すなら、リカッチがおすすめです。リカッチでは、ブランド、金、プラチナなど、幅広く買取していて、無料でLINEでの査定もしています。査定時間はたった3分で、ある程度の価格を知ることができます。 気軽に査定したいという方は、こちらのLINEからご連絡ください。

京都でブランド品の高価買取をするならリカッチがおすすめ!

引用元:リカッチ公式HP

リカッチでは、「すべてに価値を 幸せな居場所の創造」をモットーに不用品の買取事業に真剣に向き合い続けてきました。真贋鑑定を活かし、世の中の本物を見極める力を養い、お客様に安心・安全を提供し心を豊かにします。

そんなリカッチでは、以下の4つの方法から買取査定をすることができます。

  1. 出張買取査定
  2. 店舗買取査定
  3. ビデオ通話査定
  4. LINE査定

出張買取では、近隣のお客様ならご連絡を頂いてから最短10分でお伺いします。地域密着ならではのフットワークの軽さが当社の自慢です。

出張買取はこちらフォームから!

店舗買取では、リサイクル業界では珍しい完全予約制を導入しています。プライバシー対策、ウィルス対策万全で、ご来店をお待ちしております。

店舗買取はこちらのフォームから!

ビデオ通話査定は、品物をLINEビデオ通話で映すだけで、査定価格が分かります。ちょっと値段だけ知りたいなという方が、おおよその値段が分かってから買取サービスを利用できるのでおすすめです。もし、査定価格にご納得いただけましたら、そのまま出張買取、もしくは宅配買取サービスにお申込みいただくこともできます。

ビデオ査定はこちらのLINEから!

LINE査定では、写真を送るだけで簡単に査定額を知ることができます。最短5分で査定結果が届くので、気軽に試したい方におすすめの機能です。

LINE査定はこちらのLINEから!

サービス・ブランド品リサイクルリユース
・小売業
・卸販売
・業者販売
・インターネット販売
・Yahoo!オークション
店舗〒610-0343
京都府京田辺市大住責谷1-3グランデイジ623
営業時間11:00〜19:00
定休日火曜日
TEL050-1720-8865
SNSfacebook
instagram
YouTube
ヤフオク
免許番号古物商許可証 京都府公安委員会 612232030022
特別国債種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)05772
酒類販売業免許 宇治法第142号
加盟機関・BNI47∞JAPANチャプター
・南大阪経営研究会
・ミナミあきんどクラブ
京田辺市、松井山手でルイヴィトンの高価買取を目指すなら、リカッチがおすすめです。リカッチでは、ブランド、金、プラチナなど、幅広く買取していて、無料でLINEでの査定もしています。査定時間はたった3分で、ある程度の価格を知ることができます。 気軽に査定したいという方は、こちらのLINEからご連絡ください。

ルイヴィトンの修理はどこに出すのがおすすめ?

ルイヴィトンのバッグの修理を行える場所は、正規店と代理店(修理専門店)の2種類が存在します。それぞれの特徴について詳しく解説します。

ルイヴィトン正規店

ルイヴィトンの正規店は修理代金が高いものの、純正のパーツに交換してもらえるため、質感を損なわずに修理をしてもらえます。また、修理跡も残りづらいので、クオリティを重視する方におすすめです。

ただし、正規店で修理を申し込める回数には限りがあり、直近12ヶ月で12点までしかルイヴィトンのアイテムを修理できません。また、一度代理店で修理をしてもらったアイテムは、正規店で修理を申し込めません。

そのため、慎重に修理に出す品物を選びましょう。

修理専門店

バッグ職人が修理を行う修理専門店は、正規店よりも修理代金が安く修理スピードも速いので、ルイヴィトンのアイテムを手軽に直したい方におすすめです。

しかし、コストカットのために代替パーツが使われる場合が多く、質感を損ねてしまう可能性が高いです。また、修理跡が残ってしまう危険性もあります。

そのため、購入後1年以内に不具合が生じた場合は、保証のきく正規店で修理をしてもらいましょう。

ルイヴィトンを修理に出す際の流れ

ルイヴィトンの製品を正規店で修理してもらう場合は、店頭修理と配送修理で流れが異なります。

ここでは、ルイヴィトンを修理に出す際の流れをケース別に紹介するので、初めて修理をしてもらう方は参考にしてみてください。

店頭に持ち込む場合

ルイヴィトンの修理を店頭で申し込む場合、ルイヴィトンストアに修理したい商品を持ち込んだうえで、以下の5つの手順で修理が完了します。

  1. ルイ・ヴィトンストアで修理の申し込みを行う
  2. 見積りの提示を承諾する
  3. 修理が完了するまで待つ
  4. 検品が終わったら再度ルイヴィトンストアに行く
  5. アイテムの受け取り時に代金を支払う

配送の場合と異なり、確実に商品が店頭に戻ってくるため、大事なルイヴィトンのアイテムを紛失したくない方におすすめです。

配送依頼する場合

ルイヴィトンのアイテムを配送依頼する場合、以下の5つの手順で修理してもらえます。

  1. 修理申込書を印刷する
  2. 必要事項を記載してアイテムと修理申込書を配送する
  3. 見積りの提示を承諾する
  4. 修理が完了するまで待つ
  5. 代引きで修理代金の支払いを行う

住所の書き間違えや配送ミスで大切なアイテムが紛失する危険性があるものの、店頭に行く手間を省きたい方におすすめです。

【商品カテゴリー別】ルイヴィトンの修理費用相場

ルイヴィトンの製品の修理費用は、商品のカテゴリーによって異なります。

ここでは、商品のカテゴリー別にルイヴィトンの修理費用相場を解説します。それぞれどのくらい修理費がかかるか気になる方は、該当部分をチェックしましょう。

バッグ類

ルイヴィトンのバッグには、手でつかんで持ち運ぶハンドバッグと、肩にぶら下げて使うショルダーバッグの2種類があります。それぞれのアイテムの修理費用の相場は、以下の表のとおりです。

修理アイテム修理代金の相場(正規店)修理代金の相場(正規店)
ハンドバッグ1万円~3万円3,000円~2万円
ショルダーバッグ1.5万円~4万円5,000円~3万円

ハンドバッグよりも、ショルダーバッグの方が高くなりやすいです。修理部位によっては4万円程度の費用がかかる場合もあるので、修理代金をしっかり準備しておきましょう。

小物類

ルイヴィトンの小物にも、さまざまなアイテムがあります。財布はバッグ類よりも小さいので安くつきそうなイメージがありますが、正規店で修理を行うとハンドバッグと同様に1~3万円程度の費用がかかります。

修理項目
(財布の場合)
修理代金の相場(正規店)修理代金の相場(正規店)
ファスナー本体30,800円1万円~1.5万円
ファスナー金具10,340円3,000円~5,000円
縫い直し20,900円2,000円~1万円
染め直し20,900円3,000円~1万円
スナップボタンの交換10,340円3,000円~5,000円

トロリー類

トロリーとは、底に車輪が付いたもののことで、スーツケースのような形状をしています。サイズがバッグよりも大きい関係で、修理代金が高くなりやすいです。

正規店でゴム(ファスナー)部分を交換すると、6万円以上の費用がかかります。

修理項目修理代金の相場(正規店)修理代金の相場(正規店)
ゴム部分61,600円お見積もり対応(応相談)
キャスターの交換10,340円お見積もり対応(応相談)

ルイヴィトンの修理でよくある箇所と料金相場

ルイヴィトンのバッグ・小物では、以下の5つの部分が劣化しやすく、修理事例として多いです。

  • ハンドル
  • ファスナー
  • バッグ本体の革
  • 金属パーツ
  • ショルダーベルト

ここでは、ルイヴィトンの修理でよくある箇所の修理費用の相場を解説していきます。

ハンドル

ハンドルとはバッグの取手の部分のことで、上側に2本ついているのが一般的です。ルイヴィトンのバッグの種類によって修理費用が異なりますが、正規店であれば1本につき2万円程度でハンドルの交換をしてもらえます。

ただし、1本しか交換しない場合は外観の違和感になりやすいので、正規店で修理しておきましょう。

ファスナー

バッグの開閉部品として使われるファスナーは、ファスナー本体とスライダー(引き手)の2つのパーツに分けられます。

ファスナー本体の機構は複雑で修理しづらいため、基本的には新しいファスナーに取り替えます。バッグの大きさや修理箇所によって代金が異なりますが、正規店で依頼すると税込1万円~3万円で修理が可能です。

色褪せ・色抜け

ルイヴィトンのバッグや小物は、合成皮革(トアル地)やヌメ革などでできているため、経年変化で素材が劣化していきます。皮素材でできた製品を長年使い込むと、色褪せ・色抜けが生じるだけでなく、はがれたり亀裂ができたりして見栄えが悪くなりがちです。

色褪せ・色抜けは本体部分の修理になるので、修理費用が高くなり、正規店で依頼すると2~4万円の修理代がかかります。

金属パーツのメッキ剥がれ

ルイヴィトンの製品には金具が使われているので、長年使い込むと金属パーツのメッキ剥がれが生じる場合があります。メッキの貼り直しには特殊な技術が必要なため、正規店では基本的に対応してもらえないことが多いです。

非正規店でメッキを貼り直すと、修理代は1ヶ所に付き2,000~6,000円で済みますが、正規店で修理してもらえなくなる点に注意しましょう。

ショルダーベルト

ルイヴィトンの一部のバッグで使われるショルダーベルトは、肩に接するので摩耗による劣化が生じやすいです。劣化が進むとひび割れたり破断したりする場合もあるので、劣化し始めたら早めに対処する必要があります。

ハンドルに比べて長いので修理代も高くなり、正規店でショルダーベルトを交換すると4万円前後の修理費用がかかります。

京都でブランド品の高価買取をするならリカッチがおすすめ!

引用元:リカッチ公式HP

リカッチでは、「すべてに価値を 幸せな居場所の創造」をモットーに不用品の買取事業に真剣に向き合い続けてきました。真贋鑑定を活かし、世の中の本物を見極める力を養い、お客様に安心・安全を提供し心を豊かにします。

そんなリカッチでは、以下の4つの方法から買取査定をすることができます。

  1. 出張買取査定
  2. 店舗買取査定
  3. ビデオ通話査定
  4. LINE査定

出張買取では、近隣のお客様ならご連絡を頂いてから最短10分でお伺いします。地域密着ならではのフットワークの軽さが当社の自慢です。

出張買取はこちらフォームから!

店舗買取では、リサイクル業界では珍しい完全予約制を導入しています。プライバシー対策、ウィルス対策万全で、ご来店をお待ちしております。

店舗買取はこちらのフォームから!

ビデオ通話査定は、品物をLINEビデオ通話で映すだけで、査定価格が分かります。ちょっと値段だけ知りたいなという方が、おおよその値段が分かってから買取サービスを利用できるのでおすすめです。もし、査定価格にご納得いただけましたら、そのまま出張買取、もしくは宅配買取サービスにお申込みいただくこともできます。

ビデオ査定はこちらのLINEから!

LINE査定では、写真を送るだけで簡単に査定額を知ることができます。最短5分で査定結果が届くので、気軽に試したい方におすすめの機能です。

LINE査定はこちらのLINEから!

サービス・ブランド品リサイクルリユース
・小売業
・卸販売
・業者販売
・インターネット販売
・Yahoo!オークション
店舗〒610-0343
京都府京田辺市大住責谷1-3グランデイジ623
営業時間11:00〜19:00
定休日火曜日
TEL050-1720-8865
SNSfacebook
instagram
YouTube
ヤフオク
免許番号古物商許可証 京都府公安委員会 612232030022
特別国債種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)05772
酒類販売業免許 宇治法第142号
加盟機関・BNI47∞JAPANチャプター
・南大阪経営研究会
・ミナミあきんどクラブ

まとめ

この記事では、ルイヴィトンの修理費用について、正規店と修理専門店に分けて解説しました。

ルイヴィトンの正規店での修理料金の相場は修理専門店よりも高いことが多いです。しかし、修理専門店では受けられない高品質な修理を受けられるので、ルイヴィトンの製品の質感を落とさずに直したい方におすすめです。

正規店で修理を行う予定がある方は、修理の流れの部分を読み返して、ルイヴィトンのアイテムの修理を依頼できる状態にしましょう。

京田辺市、松井山手でルイヴィトンの高価買取を目指すなら、リカッチがおすすめです。リカッチでは、ブランド、金、プラチナなど、幅広く買取していて、無料でLINEでの査定もしています。査定時間はたった3分で、ある程度の価格を知ることができます。 気軽に査定したいという方は、こちらのLINEからご連絡ください。

執筆者プロフィール

井上 敬嗣
井上 敬嗣代表取締役
リカッチ代表取締役の井上です。業界歴15年、ヒト・コト・モノに関わり合い、お互いを尊重することを大切にできる仲間と共に、一緒に居場所を創りあげたいと考えています。