ブログ

ボロボロのルイヴィトンの財布が高く買取される理由を徹底解説!高く売るコツや査定ポイントも紹介

ボロボロのルイヴィトンの財布が高く買取される理由を徹底解説!高く売るコツや査定ポイントも紹介

「ボロボロの状態でルイヴィトンの財布の買取は無理だろう」と気になっている方もいるのではないでしょうか。実は、ボロボロのルイヴィトンの財布でも、コツ次第で買い取ってもらえます。

そこでこの記事では、ボロボロのルイヴィトンの財布を買い取ってもらえる理由について解説します。高く売るコツや、査定ポイントもあわせて紹介します。ぜひ、最後まで読んでみてください。

京田辺市、松井山手でルイヴィトンの高価買取を目指すなら、リカッチがおすすめです。リカッチでは、ブランド、金、プラチナなど、幅広く買取していて、無料でLINEでの査定もしています。査定時間はたった3分で、ある程度の価格を知ることができます。 気軽に査定したいという方は、こちらのLINEからご連絡ください。

京都でブランド品の高価買取をするならリカッチがおすすめ!

引用元:リカッチ公式HP

リカッチでは、「すべてに価値を 幸せな居場所の創造」をモットーに不用品の買取事業に真剣に向き合い続けてきました。真贋鑑定を活かし、世の中の本物を見極める力を養い、お客様に安心・安全を提供し心を豊かにします。

そんなリカッチでは、以下の4つの方法から買取査定をすることができます。

  1. 出張買取査定
  2. 店舗買取査定
  3. ビデオ通話査定
  4. LINE査定

出張買取では、近隣のお客様ならご連絡を頂いてから最短10分でお伺いします。地域密着ならではのフットワークの軽さが当社の自慢です。

出張買取はこちらフォームから!

店舗買取では、リサイクル業界では珍しい完全予約制を導入しています。プライバシー対策、ウィルス対策万全で、ご来店をお待ちしております。

店舗買取はこちらのフォームから!

ビデオ通話査定は、品物をLINEビデオ通話で映すだけで、査定価格が分かります。ちょっと値段だけ知りたいなという方が、おおよその値段が分かってから買取サービスを利用できるのでおすすめです。もし、査定価格にご納得いただけましたら、そのまま出張買取、もしくは宅配買取サービスにお申込みいただくこともできます。

ビデオ査定はこちらのLINEから!

LINE査定では、写真を送るだけで簡単に査定額を知ることができます。最短5分で査定結果が届くので、気軽に試したい方におすすめの機能です。

LINE査定はこちらのLINEから!

サービス・ブランド品リサイクルリユース
・小売業
・卸販売
・業者販売
・インターネット販売
・Yahoo!オークション
店舗〒610-0343
京都府京田辺市大住責谷1-3グランデイジ623
営業時間11:00〜19:00
定休日火曜日
TEL050-1720-8865
SNSfacebook
instagram
YouTube
ヤフオク
免許番号古物商許可証 京都府公安委員会 612232030022
特別国債種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)05772
酒類販売業免許 宇治法第142号
加盟機関・BNI47∞JAPANチャプター
・南大阪経営研究会
・ミナミあきんどクラブ
京田辺市、松井山手でルイヴィトンの高価買取を目指すなら、リカッチがおすすめです。リカッチでは、ブランド、金、プラチナなど、幅広く買取していて、無料でLINEでの査定もしています。査定時間はたった3分で、ある程度の価格を知ることができます。 気軽に査定したいという方は、こちらのLINEからご連絡ください。

ルイヴィトンの財布がボロボロでも売れる理由

ここでは、ルイヴィトンの財布がボロボロでも売れる理由を紹介します。それぞれ詳しくみていきましょう。

世界的ブランドとしての価値があるから

ルイヴィトンは、世界で最も価値のある高級ブランド品です。世界三大ブランドの1つであるルイヴィトンは長い歴史があり、世界中で愛されています。

ルイヴィトンでは、特にバッグや財布など人気があり、「LV」のロゴは誰が見てもわかるブランドの象徴です。世界的に価値があるブランドのため、ボロボロでも売れる可能性があります。

人気が高く需要があるから

フランス・パリを拠点とするルイヴィトンは、現在でも世界中で愛されています。年齢層や性別を問わず人気があり、世界中で需要が高く供給も多いです。

そのため、人気のあるモデルは状態が良くない品物も高く売れる傾向にあります。

品質が高いから

ルイヴィトンは、創業当初から高い品質を求められており、腕のいい職人によって1つ1つ手作業で作られています。細かな縫製で品質が高く、丈夫で長持ちしやすいのが特徴です。

また、機能やデザインもよく、長く使い続けることができます。そのため、中古でボロボロの状態でも売れる可能性が高いです。

古いデザインでも需要が高いから

ルイヴィトンは一般的なブランドとは違い、丈夫な作りと飽きのこないデザイン性から長く愛用できるブランドです。

そのため、長く愛用される方が多いため、ボロボロのルイヴィトンでも売れる傾向にあります。

修理することでまだ使えるから

ルイヴィトンは1つ1つ丁寧に腕のいい職人が手作りしています。そのため、縫製技術に優れた最高品質のブランドだと言えるでしょう。

そんなルイヴィトンの製品は、メンテナンスや修理をすることで長く愛用できます。主な修理は部品交換(ファスナー・金具・ボタンなど)やほつれを直す再縫製、内装交換、破れの修理などさまざまです。

修理して使えることから、ボロボロでも売れる要因になります。

ルイヴィトンの財布がボロボロになる原因

ルイヴィトンの財布は革製品が多く、ボロボロになる原因はさまざまです。

主な原因は摩耗・乾燥・油や水、さらに皮脂汚れ・湿気です。たとえば、湿気の多い場所で保管しているとカビや変色、臭いなど劣化の原因になります。さらに、乾燥にも弱く、陽の光により革の乾燥でひび割れや硬化などが生じることもあります。

他にも、犬を飼っている家では、犬が噛んでボロボロになってしまうかもしれません。ボロボロになる原因にはさまざまありますが、捨てる前に売却できるかどうか検討しましょう。

ボロボロのルイヴィトンの財布の査定ポイント

それでは、ボロボロのルイヴィトンの財布は、何が査定ポイントでしょうか。ここでは、9つの査定ポイントを紹介します。それぞれ詳しくみていきましょう。

汚れ

日々使用していると、たとえ丁寧に使っていても汚れは付着します。たとえば、ボールペンや口紅・ファンデーションなどで汚れることが多いです。

しかし、大きく目立つような状態でなければ、査定で大幅なマイナスになることはないでしょう。汚れのリスクを減らすため、使用後は乾いた布で軽く拭き取ることをおすすめします。

角スレ

ルイヴィトンの財布を毎日使用していると、どうしても角が丸くスレてしまいます。

もちろん、角がスレていない状態の方が高い価格がつきやすいです。しかし、毎日の使用で角がスレることは避けて通れません。角が丸い状態でも買取不可にはならないため、一度査定をしてみましょう。

金具の錆び

長期間クローゼットにしまったままでは、金属部品が錆びたり、変色したりするトラブルが多いです。そのようなトラブルは、専門スタッフのメンテナンスで綺麗になるため、査定に大きな影響はありません。

クローゼットは湿気が溜まりやすいため、定期的に外に出すか、湿気の少ない場所で保管をおすすめします。

水濡れ跡

ルイヴィトンはヌメ革を使用した製品があり、水滴による雨ジミや輪ジミが目立ってしまいます。

水濡れ跡はヌメ革の素材の特徴のため、そのような理由で査定できないということはありません。しかし、日常から雨の日の使用は避けると良いでしょう。

色移り

ルイヴィトンの製品の中には、エナメル素材を使用しているものがあります。これらは繊細な素材のため、色移りしてしまうかもしれません。

ただし、色移りがあっても査定してもらえるため、下手に自分で直すのではなく、そのまま持ち込むと良いでしょう。

ベタつき

ガラス付き茶色の木製ドア

ルイヴィトンの製品を高温多湿の場所で長期間保存していると、素材部分がベタついてくることがあります。

とくにクローゼットにしまう場合は、定期的に外に出すことで湿気を避け、べタつきを防ぐことができるでしょう。ルイヴィトンは長く使用したことを前提に査定してもらえますが、ベタつきがひどい場合は査定してもらえない可能性もあります。

色焼け

日々使用しているルイヴィトンの財布は、色焼けしてしまう部分があります。紫外線が主な原因で、特に表面や持ち手部分が日焼けしてしまうことが多いです。

色焼けしていない状態のほうが査定額が高くなりやすいですが、色焼けもアンティーク品の良さとして評価されることもあります。

黒ずみ

日々、使用していると黒ずみ汚れが目立ちます。とくに財布は、手垢や皮脂によって内側が黒く汚れることが多いです。黒ずみはよく起こる現象なので、査定の際はそれほど重要視されない傾向にあります。

カビ

ルイヴィトンの財布は、表面に高い防水性が施されており、耐久性にも優れています。しかし、財布の内側やヌメ革の部分やファスナーなどは湿気に弱いため、カビが発生しやすいです。

カビによって査定拒否されることはありませんが、査定額は下がるでしょう。そのため、使用後は乾いた柔らかい布で拭き取ることをおすすめします。

ボロボロのルイヴィトンの財布を高く売るコツ

ここでは、ボロボロになったルイヴィトンの財布を高く売るコツを解説します。

それぞれ詳しくみていきましょう。

査定してもらう業者を慎重に選ぶ

ルイヴィトンの財布を査定してもらう業者は、慎重に選びましょう。

ボロボロの財布の査定を受ける場合は、訳あり品を受け付けているブランド買取業者をおすすめします。なぜなら、一般的な買取業者では、そもそも査定してもらえない可能性が高いからです。

そのため、買取業者のホームページや店頭に「訳あり品買い取ります」などと書かれている業者を選ぶと良いでしょう。

購入時の付属品をそろえておく

ボロボロの状態のルイヴィトンの財布でも、購入したときに付いていた付属品をセットで査定に出すと、買取金額がアップします。

購入時の主な付属品は、「箱」「保存袋」「鍵」「購入時のレシート」などです。付属品をセットにすることで、買取業者も積極的に買い取ってくれるでしょう。

複数の商品をまとめて売る

ボロボロのルイヴィトンの財布でも、複数の商品を持ち込むことで買取金額をアップしてもらえる可能性が高いです。まとめて持ち込むことで査定が一度で済み、人件費などのコスト削減につながり、買取価格に還元されます。

業者によっては「まとめ売りキャンペーン」などがあるため、キャンペーンにあわせて査定してもらうと良いでしょう。

ボロボロのルイヴィトンの財布の買取相場

ここでは、ボロボロのルイヴィトンの財布の買取相場を紹介します。ルイヴィトンの財布の傷み具合にもよりますが、5,000円〜10,000円ほどで売れるケースが多いです。ただし、破損状態がひどい財布は、300円〜1,000円ほどになる場合もあります。

他のブランドで大きな破損の買取は不可能なケースが多いですが、ルイヴィトンは需要の高さや根強い人気があるため買取可能なことが多いです。

査定前に自分で修理するのは原則NG!

査定前に自分で修理するのはおすすめできません。なぜなら、ルイヴィトンの商品は高い技術力で作られており、素人に真似できるものではないからです。そのため、少しの部分だからと自分で縫製したとすると、正規品として扱われない可能性があります。

このような理由から、査定前に軽い修理をするのはやめておいた方が良いでしょう。

京都でブランド品の高価買取をするならリカッチがおすすめ!

引用元:リカッチ公式HP

リカッチでは、「すべてに価値を 幸せな居場所の創造」をモットーに不用品の買取事業に真剣に向き合い続けてきました。真贋鑑定を活かし、世の中の本物を見極める力を養い、お客様に安心・安全を提供し心を豊かにします。

そんなリカッチでは、以下の4つの方法から買取査定をすることができます。

  1. 出張買取査定
  2. 店舗買取査定
  3. ビデオ通話査定
  4. LINE査定

出張買取では、近隣のお客様ならご連絡を頂いてから最短10分でお伺いします。地域密着ならではのフットワークの軽さが当社の自慢です。

出張買取はこちらフォームから!

店舗買取では、リサイクル業界では珍しい完全予約制を導入しています。プライバシー対策、ウィルス対策万全で、ご来店をお待ちしております。

店舗買取はこちらのフォームから!

ビデオ通話査定は、品物をLINEビデオ通話で映すだけで、査定価格が分かります。ちょっと値段だけ知りたいなという方が、おおよその値段が分かってから買取サービスを利用できるのでおすすめです。もし、査定価格にご納得いただけましたら、そのまま出張買取、もしくは宅配買取サービスにお申込みいただくこともできます。

ビデオ査定はこちらのLINEから!

LINE査定では、写真を送るだけで簡単に査定額を知ることができます。最短5分で査定結果が届くので、気軽に試したい方におすすめの機能です。

LINE査定はこちらのLINEから!

サービス・ブランド品リサイクルリユース
・小売業
・卸販売
・業者販売
・インターネット販売
・Yahoo!オークション
店舗〒610-0343
京都府京田辺市大住責谷1-3グランデイジ623
営業時間11:00〜19:00
定休日火曜日
TEL050-1720-8865
SNSfacebook
instagram
YouTube
ヤフオク
免許番号古物商許可証 京都府公安委員会 612232030022
特別国債種事業者(象牙製品等を取り扱う事業者)05772
酒類販売業免許 宇治法第142号
加盟機関・BNI47∞JAPANチャプター
・南大阪経営研究会
・ミナミあきんどクラブ
京田辺市、松井山手でルイヴィトンの高価買取を目指すなら、リカッチがおすすめです。リカッチでは、ブランド、金、プラチナなど、幅広く買取していて、無料でLINEでの査定もしています。査定時間はたった3分で、ある程度の価格を知ることができます。 気軽に査定したいという方は、こちらのLINEからご連絡ください。

まとめ

黒のルイヴィトンのバックパック

この記事では、ボロボロのルイヴィトンの財布が買取可能な理由について解説しました。

事前に買取店を調べておいたり、まとめて売りに出したりすることで、ボロボロな財布でも買い取りしてもらいやすいです。そのため、ボロボロだからと捨ててしまうのではなく、まずは査定に出すと良いでしょう。

この記事を参考に、家に眠っているボロボロのルイヴィトンを買取に出してみてください。

京田辺市、松井山手でルイヴィトンの高価買取を目指すなら、リカッチがおすすめです。リカッチでは、ブランド、金、プラチナなど、幅広く買取していて、無料でLINEでの査定もしています。査定時間はたった3分で、ある程度の価格を知ることができます。 気軽に査定したいという方は、こちらのLINEからご連絡ください。

執筆者プロフィール

井上 敬嗣
井上 敬嗣代表取締役
リカッチ代表取締役の井上です。業界歴15年、ヒト・コト・モノに関わり合い、お互いを尊重することを大切にできる仲間と共に、一緒に居場所を創りあげたいと考えています。